• 鈴木 睦美

「就労資格」という在留資格は無い

当事務所へのお問い合わせの中で時々「就労資格を持っているという外国人を雇おうと思うのですが…」というのがあります。「就労資格といってもいろいろありますが、どの在留資格でしょうか?」とお聞きすると、「え、就労資格なんですが…」とのお答え。


「就労できる在留資格」はありますが「就労資格」という在留資格はありません!


「在留資格」とは外国人が入国・在留して行うことのできる活動を類型化したものです。

その中の就労できる資格(これを略して私たちは「就労資格」とまとめます)には「技術・人文知識・国際業務」「技能」「特定技能」等があり、それぞれの在留資格によって認められている範囲が異なります。例えば「技術・人文知識・国際業務」だったら大学等で学んだ知識を活かした仕事、「技能」だったら調理師等…というように、です。


外国人の雇用をお考えのときは、「どういった仕事をしてほしいのか」「雇おうとしている外国人は具体的にどんな在留資格なのか」「学歴等、どういった背景を持っているのか」面接等でチェックして、実際にその仕事に就けるのかどうかを確認してくださいね。


ところで今日から新年度。

昨年度は公私ともに慌ただしく、ブログを書くどころかHPのチェックもロクにできていませんでしたが、今年度はもう少し発信にも力を入れていこうかな、と思案中です。



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「留学」の在留資格を有していた方が、帰国が困難であると認められる場合は在留資格「特定活動(6か月)」への在留資格変更許可が可能です。また、就労を希望する場合は1週につき28時間以内のアルバイトも可能です。 この在留資格変更は、これまで2020年に卒業した留学生のみが対象でしたが、10月19日より卒業の時期や有無を問わない取扱いに変わりました。 また、「留学」の在留資格を持ち、資格外活動許可を受けて

このところ、なぜか弊事務所で増えているのが外国人からの起業のご相談です。 「会社を作ったら日本に居られる」と思っている方がいるのですが、そんなに甘くはありません。 現在、会社設立は代表取締役が海外在住でも可能なのですが、問題は在留資格です。 外国人が日本で会社を経営する場合、「永住者」「日本人の配偶者等」のような日本人との係わり等による在留資格以外の場合は「経営・管理」という在留資格に変更しなけれ