• 鈴木 睦美

除菌スプレー製造って許可が要る?

 今年に入ってお問い合わせが多かったことの一つが「除菌スプレーを製造しようと思うんですが何か許可は要りますか?」ということでした。コロナウイルス禍で需要が増えたことがその背景にあるのでしょうね。

 さて、このお問い合わせに対し、私がまずお聞きするのは「どこに使うスプレーですか?」ということです。手や指の除菌等、人体に用いるのでしたら「医薬部外品」「医薬品」に該当することになり、医薬部外品製造業許可、製造販売業許可などの許可が必要です。

 一方、家具や布製品などにのみ用いる場合は「雑貨」扱いとなり許可は特に必要がありません。医薬部外品等と混同されないように、「雑貨」扱いで製造する場合は「人体への使用は控えてください」等と明記しておく方が望ましいかと思います。

 さらに広告にも気を配ってほしいところです。「コロナウイルス除去」など特定のウイルスや菌の名前を出しての広告は雑貨扱いではNGです。「殺菌」「消毒」などの言葉も医薬品や医薬部外品以外の商品には用いることはできません。

 ……そんなことを考えながらドラッグストア等で陳列されている日用品を見ていると「なるほど」と思います。みなさん、工夫されているなぁ。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「留学」の在留資格を有していた方が、帰国が困難であると認められる場合は在留資格「特定活動(6か月)」への在留資格変更許可が可能です。また、就労を希望する場合は1週につき28時間以内のアルバイトも可能です。 この在留資格変更は、これまで2020年に卒業した留学生のみが対象でしたが、10月19日より卒業の時期や有無を問わない取扱いに変わりました。 また、「留学」の在留資格を持ち、資格外活動許可を受けて

昨日9月1日より在留資格を持つ外国人の再入国が認められています。 一方、それとは別に、ビジネス上必要な人材等の出入国については「レジデンストラック」「ビジネストラック」というスキームを用意して双方向の往来を再開しています。 「レジデンストラック」は長期滞在者用、「ビジネストラック」は短期出張者用といったイメージです。「ビジネストラック」の場合、入国後14日間の自宅等待機期間中も自宅等と用務先の往復

コロナウイルス禍により、全世界を対象として外国人の入国制限が実施されています。この入国制限について、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4か国を第一弾として緩和する方向で政府が検討に入ったと読売新聞が伝えました。 上記4か国はいずれもコロナウイルスの感染がそれほど深刻ではない国。もちろん観光目的はまだ認められないでしょうし、入国の際にはPCR検査が必要等になるでしょう。 早ければ7月