• 鈴木 睦美

持続化給付金と休業要請支援金

 コロナウイルス禍に対する支援としてよく話題に上るのが「持続化給付金」と「休業要請支援金」。この違いを簡単にまとめてみました。


「持続化給付金」は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上が前年同月比50%以上減少した中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者その他各種法人等が対象。給付額は売上の減少分を超えない範囲で法人200万円以内、個人事業者100万円以内。申請締め切りは令和3年1月15日まで。


「休業要請支援金」は都道府県によって異なります。大阪府の場合、少なくとも4月21日~5月6日の間、府の休業要請等を受けて休業している施設の運営を行う事業者が対象。したがって休業要請等を受けている事業者でなければこの支援金を受給することはできません。令和2年4月の売上が前年同月比で50%以上減少していることも要件です。給付額は一律で中小企業に対しては100万円、個人事業主に対しては50万円。申請締め切りは令和2年5月31日まで。


ちなみに「持続化給付金」と「休業要請支援金」両方の給付を受けることも可能です。また、どちらも税務申告の際は課税所得とみなされるようです。


なお、すべての国民に一律10万円が支給されるというのは「特別定額給付金」。こちらの給付時期は市町村によって異なります。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「留学」の在留資格を有していた方が、帰国が困難であると認められる場合は在留資格「特定活動(6か月)」への在留資格変更許可が可能です。また、就労を希望する場合は1週につき28時間以内のアルバイトも可能です。 この在留資格変更は、これまで2020年に卒業した留学生のみが対象でしたが、10月19日より卒業の時期や有無を問わない取扱いに変わりました。 また、「留学」の在留資格を持ち、資格外活動許可を受けて

今年に入ってお問い合わせが多かったことの一つが「除菌スプレーを製造しようと思うんですが何か許可は要りますか?」ということでした。コロナウイルス禍で需要が増えたことがその背景にあるのでしょうね。 さて、このお問い合わせに対し、私がまずお聞きするのは「どこに使うスプレーですか?」ということです。手や指の除菌等、人体に用いるのでしたら「医薬部外品」「医薬品」に該当することになり、医薬部外品製造業許可、製

昨日9月1日より在留資格を持つ外国人の再入国が認められています。 一方、それとは別に、ビジネス上必要な人材等の出入国については「レジデンストラック」「ビジネストラック」というスキームを用意して双方向の往来を再開しています。 「レジデンストラック」は長期滞在者用、「ビジネストラック」は短期出張者用といったイメージです。「ビジネストラック」の場合、入国後14日間の自宅等待機期間中も自宅等と用務先の往復