• 鈴木 睦美

外国人のためのビザ・帰化手続きに関する無料相談会

 外国人の在留資格や永住・帰化手続きを扱う申請取次行政書士の有志による勉強会として「行政書士入管手続研究会」があります。これは大阪府の行政書士だけではなく、兵庫県、奈良県、京都府などの近畿地方はもちろん、金沢や名古屋、岡山、高松にも会員がいるという全国的な勉強会です。会員のレベルの高さもトップクラスではないでしょうか。

 さて、この行政書士入管手続研究会と大阪国際交流センターの共催、大阪府行政書士会の後援でで、9月27日(日)に「外国人のためのビザ・帰化手続きに関する無料相談会」が行われます。場所は大阪市中央区の大阪国際交流センター2階大会議室、10時から16時までです。英語、中国語など外国語対応も可能です。

 もちろん外国人の方だけではなく、外国人の雇用を考えている日本企業の方等、日本人からのご相談も大歓迎です。

 今後の手続きをどうすれば良いのか、あるいは何かお困りのこと、ちょっと聞いてみたい、ということがあればお気軽にお越しください。

 



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「留学」の在留資格を有していた方が、帰国が困難であると認められる場合は在留資格「特定活動(6か月)」への在留資格変更許可が可能です。また、就労を希望する場合は1週につき28時間以内のアルバイトも可能です。 この在留資格変更は、これまで2020年に卒業した留学生のみが対象でしたが、10月19日より卒業の時期や有無を問わない取扱いに変わりました。 また、「留学」の在留資格を持ち、資格外活動許可を受けて

このところ、なぜか弊事務所で増えているのが外国人からの起業のご相談です。 「会社を作ったら日本に居られる」と思っている方がいるのですが、そんなに甘くはありません。 現在、会社設立は代表取締役が海外在住でも可能なのですが、問題は在留資格です。 外国人が日本で会社を経営する場合、「永住者」「日本人の配偶者等」のような日本人との係わり等による在留資格以外の場合は「経営・管理」という在留資格に変更しなけれ