• 鈴木 睦美

外国人が職を失ったら

 コロナウイルス禍で職を失った、という話を耳にします。その中には外国人も含まれているでしょう。「職を失ったら在留資格はどうなるの?」とご心配の方もいらっしゃると思います。在留資格が「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」といったいわゆる居住資格の方は在留資格についてはとりあえずは問題ありません。問題は「技術・人文知識・国際業務」の外国人です。

 雇用先から解雇、雇止めの通知を受けた場合、就職活動中ならば現在の在留資格のまま在留期限まで在留できます。在留期限の到来後も就職活動を続けたい場合は、在留資格「特定活動」への変更も可能です。

 もちろん「就職活動しています」と言うだけでは認められません。雇用先からの解雇、雇止めの通知の文書、ハローワークカード等により就職活動中であることを示す資料が必要です。

 このような解雇・雇止めの場合は就職活動中の生活費を補うためのアルバイトも資格外活動許可を得れば週28時間までは認められます。

 

 

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「留学」の在留資格を有していた方が、帰国が困難であると認められる場合は在留資格「特定活動(6か月)」への在留資格変更許可が可能です。また、就労を希望する場合は1週につき28時間以内のアルバイトも可能です。 この在留資格変更は、これまで2020年に卒業した留学生のみが対象でしたが、10月19日より卒業の時期や有無を問わない取扱いに変わりました。 また、「留学」の在留資格を持ち、資格外活動許可を受けて

このところ、なぜか弊事務所で増えているのが外国人からの起業のご相談です。 「会社を作ったら日本に居られる」と思っている方がいるのですが、そんなに甘くはありません。 現在、会社設立は代表取締役が海外在住でも可能なのですが、問題は在留資格です。 外国人が日本で会社を経営する場合、「永住者」「日本人の配偶者等」のような日本人との係わり等による在留資格以外の場合は「経営・管理」という在留資格に変更しなけれ