• 鈴木 睦美

レジデンストラックとビジネストラック

昨日9月1日より在留資格を持つ外国人の再入国が認められています。


一方、それとは別に、ビジネス上必要な人材等の出入国については「レジデンストラック」「ビジネストラック」というスキームを用意して双方向の往来を再開しています。

「レジデンストラック」は長期滞在者用、「ビジネストラック」は短期出張者用といったイメージです。「ビジネストラック」の場合、入国後14日間の自宅等待機期間中も自宅等と用務先の往復等の限定した形で行動制限が一部緩和されます。もちろんコロナウイルス感染拡大阻止のための防疫措置が条件です。

7月29日からはタイおよびベトナムの2か国を対象に双方向の往来を再開する「レジデンストラック」の受付が開始されています。この他、シンガポール、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマーが今月中にも対象国となる見込みです。


少しずつではありますが、ようやく国際的な人の往来が戻ってきそうですね。


閲覧数:122回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「留学」の在留資格を有していた方が、帰国が困難であると認められる場合は在留資格「特定活動(6か月)」への在留資格変更許可が可能です。また、就労を希望する場合は1週につき28時間以内のアルバイトも可能です。 この在留資格変更は、これまで2020年に卒業した留学生のみが対象でしたが、10月19日より卒業の時期や有無を問わない取扱いに変わりました。 また、「留学」の在留資格を持ち、資格外活動許可を受けて

このところ、なぜか弊事務所で増えているのが外国人からの起業のご相談です。 「会社を作ったら日本に居られる」と思っている方がいるのですが、そんなに甘くはありません。 現在、会社設立は代表取締役が海外在住でも可能なのですが、問題は在留資格です。 外国人が日本で会社を経営する場合、「永住者」「日本人の配偶者等」のような日本人との係わり等による在留資格以外の場合は「経営・管理」という在留資格に変更しなけれ