• 鈴木 睦美

「在留資格」って

 外国人の方からご相談を受けるとき、まずお聞きするのは現在の在留資格が何か、ということです。「在留資格」とは外国人が日本に入国・在留して行うことのできる活動等を類型化したもの。例えば留学生なら「留学」、日本人と結婚した方なら「日本人の配偶者等」という在留資格になります。観光客だって「短期滞在」という在留資格で日本に入国しているのです。

 この在留資格によって就労制限があります。例えば留学生が就労(アルバイト)をしたいのならば「資格外活動許可」が必要です。就労系の在留資格でもその在留資格によってどういった仕事ができるのかは違うのです。

 よく「就労ビザを持っている外国人を雇用したい」というご相談も受けますが、その外国人がどういった在留資格なのか、そしてどのような仕事に就かせるのかによって話が全く変わります。在留資格の変更が必要な場合、そもそもその仕事に就かせることが法律上難しい場合も結構ある話です。「就労ビザを持っているから」と安心はしないでくださいね。


 ところで「在留資格」と「ビザ」は実は違います。「ビザ=査証」は在外公館が発行するもので、その外国人のパスポートが有効であり、かつその人が日本に入国しても差し支えないと示すものです。ビザは日本に入国する前に必要なもの、在留資格は日本に在留するための根拠となるものといったところでしょうか。

 お客さまとお話をするとき「ビザ」という言葉で在留資格のお話をされることが多いのですが、私たちは実は「在留資格か査証か」をお話の中で確認しつつ伺っています。

 上記の「就労ビザ」も厳密には「就労系の在留資格」のこと。きちんと把握していますから安心してご相談ください。


 

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「留学」の在留資格を有していた方が、帰国が困難であると認められる場合は在留資格「特定活動(6か月)」への在留資格変更許可が可能です。また、就労を希望する場合は1週につき28時間以内のアルバイトも可能です。 この在留資格変更は、これまで2020年に卒業した留学生のみが対象でしたが、10月19日より卒業の時期や有無を問わない取扱いに変わりました。 また、「留学」の在留資格を持ち、資格外活動許可を受けて

このところ、なぜか弊事務所で増えているのが外国人からの起業のご相談です。 「会社を作ったら日本に居られる」と思っている方がいるのですが、そんなに甘くはありません。 現在、会社設立は代表取締役が海外在住でも可能なのですが、問題は在留資格です。 外国人が日本で会社を経営する場合、「永住者」「日本人の配偶者等」のような日本人との係わり等による在留資格以外の場合は「経営・管理」という在留資格に変更しなけれ